ウォーターサーバーに水道水は使えるの?

水道水が使えるウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーには、水道水が使える水道水ろ過型ウォーターサーバーがあります。これは浄水器とウォーターサーバーが一体化しているもので、特に料理などで大量に水を使う人に適しています。工事をして分岐させた家の水道管とウォーターサーバーを直接繋ぐ水道直結型サーバーと水道水を注いで使う水道水補充型サーバーがあります。どちらもメーカーによって浄水方法は違っていて、活性炭フィルターを使ったものや中空糸膜のもの、逆浸透膜(ROフィルター)を採用したタイプなどがありそれぞれ浄水能力が違います。例えば逆浸透膜(ROフィルター)は他のタイプよりも少々割高ですが、不純物ろ過度が高く水道水に含まれるほとんどの不純物が除去出来ます。

水道水ろ過型それぞれのメリットとデメリット

水道直結型のウォーターサーバーは、大量に水を使う場合には高いコストパフォーマンスを誇ります。しかし設置工事費用やレンタル費用が掛かり長い契約期間が必要なものもあります。また、引越し時の撤去費用や移動費用などが掛かるケースもあるので、あまり水を使わない人にはコストパフォーマンスが悪くなります。水道水補充型ウォーターサーバーでは、水道水がそのまま使えるため便利で手軽な反面、補充する手間があり、こまめにタンクを洗浄する必要があります。どちらのタイプにも共通している点は、水道が止まった場合には使えなくなるという事です。水道水補充型でもタンクに残っている分の水しか使えないので備蓄水としての使用は出来ません。

宅配水は、品質に高い自信を持って提供している業者が多く、水にこだわりたい場合は定期購入してみる事をおすすめします。