ウォーターサーバーではどんな温度の水が飲めるの?

ウォーターサーバーで使える水の温度

最新のウォーターサーバーは、水が入ったボトルやパックの水を出す機能の他に、温水を使えるものもあります。はじめに、通常の水の温度についてですが、一般的な商品の場合温度は5から10度前後と言われています。夏場などはその温度なら、かなり冷たく感じられる温度ですので、喉の渇きを潤す事が出来るでしょう。
そして、温水の温度については、80度から90度近い温度を出すことが出来ます。インスタントコーヒーやお茶などを入れるときにもちょうど良い温度となっていますので、お茶やコーヒーを良く飲むという方にも、ウォーターサーバーはおすすめ商品です。
ちなみに、一々冷水と温水の切り替えをするのではなく、コックが分かれていて、いつでも好きな方を選べるウォーターサーバーもあります。

弱温と細かい調整が出来る商品もあり

水の温度は、85度や90度といった高温の他に、70度から75度と若干ぬるい温度を設定できるウォーターサーバーも存在します。また、弱温の他には、弱冷設定が出来るものもあり、その場合は12度から15度程度の温度のお水を作り出せます。
お茶の中には弱温のほうが、旨味が出たりして最適なものもありますので、より細かい温度設定機能があったほうが良い方は、ウォーターサーバーをレンタルする時にサーバーの機能を良くチェックしていきましょう。
ちなみに、ウォーターサーバーは水を冷やしたり温めたりする事が多いですが、電気使用量は比較的少ない方と言われています。また、電気代を気にされる方も、弱温や弱冷にしたほうが電気代は節約できますので、場合によっては切り替えて使うのがおすすめです。

乳幼児や高齢者がいる家庭に、水宅配はおすすめです。安全でおいしい水を自宅まで運んでもらえますから、とても便利です。